So-net無料ブログ作成
検索選択

白内障は白髪とおなじ [健康]

最近景色がかすみがかかったように見え、眼科医からは白内障が進んでいるとの診断。
そろそろ手術をしましょうかと、手術ができる病院を紹介してもらいました。

種々の目の検査をしたあと、眼科医から「白内障は白髪と同じ」で
頭髪が白くなるように、目の水晶体が白くなってくるそうで手術で改善するそうなのです。
手術で視力乱視等の症状も、入れるレンズで改善されると説明を受けました。

手術4日まえから点眼薬をはじめて、手術当日は5分おきに点眼薬を差し、
洗顔後手術室に案内され、専用手術台で目の洗眼・投薬・水晶体吸引・アクリルレンズ挿入。
約15分ほどの手術が完了し眼帯をして帰宅。

翌日眼帯を外し、視力検査等、視力は0.8が裸眼で1.2まで回復し、
二重に見えていた乱視もほぼなくなり、景色がちがうものに感じました。
星やお月さんが二重に見えていたのも改善。
人物をみると背後霊のように影がみえていたのも、すっきり輪郭が見えます。

右目の手術後、一週間後に左目の手術をしますが、
良くなった右目と、悪い左目が比較できるので、その違いに驚くばかりです。
道路の色までがはっきりと青みがかって見えます。他のものも色が違います。
この分だと車の運転に眼鏡は必要ではないようです。
医学の進歩に感謝です。

車運転不能ー間質性肺炎ー喫煙 [健康]

私の知る元気だった男性が一人で車運転中、急に手がしびれ動かなくなってしまったそうです。手が不自由な中コンビニを見つけ駐車場になんとか入れ、そばにいた人に救急車を呼んでもらったそうです。

病院での診察結果は「間質性肺炎」による肺がんと、脳の運動をつかさどる部位への癌転移が見つかり、それが原因で手の自由が急に効かなくなったとの診断でした。

ヘビースモーカーの彼は、6年ほど前の検診で「間質性肺炎」にかかる可能性を伝えられていたとのことでしたが、今回に至るまで定期的な検診は受けていなかったようです。喫煙による間質性肺炎のため、手術も出来ない状態になっていました。

その後二週間ほど経過して、脳に転移した癌は反対側の脳へも転移が進み、現在では10箇所ほどに増えていると聞きました。脳の腫瘍手術は身体にダメージを与え一ヶ月後ぐらいしか効果が現れず、脳の手術をすると、肺がんが悪化するとの担当医の助言で、なすすべがない状態に陥り、酸素吸入を受けながら車椅子入院生活となっています。

もし間質性肺炎の可能性を伝えられたら定期検診を受けてください。喫煙者のタバコは自分の体を蝕むばかりか、周囲の人にも害をもたらします。私は嫌煙者ですがそばで喫煙している方がいると敏感に分かってしまいます。自分の嗜好だけを優先せず、周りの人の健康にも注意してくださいね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

運動不足解消? 活動量計 タニタEZ-063-BK [健康]

長男が帰省してきた時、スマートウオッチを使っていると見せてくれました。
脈拍や万歩計・睡眠状態などが分かる健康管理の便利アイテムです。
が、スマートフォンでデーター管理するため、我が家にはそのスマートフォンはありません。

ネットで調べていると活動量計が見つかり、アマゾンで タニタEZ-063-BK を購入しました。
昼夜着用衣服に付けて使っていますが、運動をほとんどしていなかった私に、
運動をする機会を与えてくるアイテムとなりました。

機械式の万歩計と違い、移動センサーで歩数や活動量を計測し、二週間分のデーターを保存できます。
カウンターを見て数値が低いと、自然とその場ジョギングをしたり、
なるべく歩くようになったり、ワンちゃんを連れて散歩にでかけたりしています。

商品説明には、
 ・ ストップウォッチ感覚で経過時間、距離、消費カロリー、時速を測定できるジョギングモード搭載
 ・ 月間走行距離も管理できる
 ・ バックライト付きで暗闇でも見やすい
 ・ スライドクリップで簡単装着
2000円ほどのアイテムですが、なかなかいいですよ。


今年一番良かったこと! [健康]

今年一番良かったこと!
それは、C型肝炎の治療でほぼ完治したことです。

輸血経験のない私は、多分小学校時代の集団予防接種時が感染源と思われます。
専門の血液検査を受けなければ肝炎の感染が判明しないので、
沢山の方々がC型肝炎に感染しているのではと思ってしまいます。

08年最初のメタボ検診時に、他の検査もしてみましょうかと言われ
エイズ・肝炎等について検査を受けました。
その結果、C型肝炎ウイルスに感染していることが判明し、
HCV抗体(+)、1b型(2型)のC型肝炎でした。

当時は私の肝炎型式に100%効果がある治療薬はなく、
たしか、完治の確率は20%程度だといわれ、
担当医から大病をしないようにしてくださいと言われていました。
肝炎→肝硬変→肝臓がんへと進展するおそれがあるのです。

今年10月に私の型式に100%完治が見込まれる治療薬が保険適用され、
新薬で治療しましょうと、3ヶ月継続して毎日治療薬(ハーボニー配合錠)を服用し、
半月毎に血液検査でHCV-RNA定量(リアルタイムPCR)を測定していました。

服用前測定値C型肝炎ウイルスHCV-RNA定量(リアルタイムPCR)6.81が
4回目で検出せずの測定値となり、ほぼ完治したことになります。
あと2回の計測値に変化がないことを願いたいです。

緑内障の点眼薬で眉毛も伸びた! [健康]

我が家の奥さま、TVで緑内障の点眼薬にまつげが伸びる副作用があると聞き、ネットで調べた点眼薬を7月に購入しました。その結果は日本人的な顔立ちの奥様がメガネを掛けるとまつげがメガネに触れるまで伸びたと話していました。先日娘が帰ってきて「おかあさんまつげが長くなっている」と驚いていました。

私もその点眼薬一滴の残りを毎日眉毛に塗布していましたが、眉毛が伸びてきたと感じています。私の眉毛、糸川博士がペンシルロケットを実験していた頃に、真似をしてブリキで作ったロケットに、運動会で使うピストル用の5mmほどの火薬を湯のみの中でほぐしていたところ発火。眉毛が半分焼けてなくなってしまっていたのです。

それ以来50数年もう生えないものと思っていた眉毛が復活してきたのには驚きです。購入した点眼薬は「ケアプロスト(Careprost)0.03%」で、一本購入するより二本・三本購入するとお安くなるシステムになっていて、個人輸入代行店のオオサカ堂経由でシンガポールより送られて来ます。

この状態が継続するとさらに良い結果となるのですが!。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

1錠8000円の薬剤治療 [健康]

今日から1錠8000円するという治療薬の服用を始めました。三ヶ月間服用することによりC型肝炎の治療ができるという画期的な薬剤だそうです。私の場合HCVグループ1のÇ型肝炎で、日本肝臓学会認定肝臓専門医が認定した治療薬の対象者となります。

弟が同じC型肝炎で同じ治療をしていますが、治療前には十数万個の菌が確認されていたものが、一ヶ月経過で一桁代の菌数に減少していると報告を受けています。治療に当たっていろいろアドバイスをしてもらいました。

最初は血液検査で耐性のあるウイルスではないかをウイスルのDNAで調べます。
また、肝硬変がないかMRIやエコー検査で調べます。
肝臓の硬さを調べる検査もあるそうです。

1錠8000円の治療薬も10月より保険対象になり、私の場合高齢者一割負担で最高12000円までの負担となり、治療に際し、肝炎治療受給者申請で一定額を超過した分は治療費還付があり、昨日病院と薬局に証明をもらいました。

受給者証交付申請には診断書・被保険者証コピー・世帯全員の市民税課税年額を証する書類・世帯全員の住民票が必要で順次整えて保健所に提出します。

C型肝炎患者は、肝硬変から肝癌になる確率が高いので、菌数がゼロになる治療に期待しています。