So-net無料ブログ作成

枇杷の実 四年ぶりに付きました [生活]

四年前お隣で仕事をしていた植木屋さんが、我家の枇杷の木を丸裸にしました。
理由を聞くと、お隣の奥さんに「バッサリ切って」といわれたとのことでした。
植木屋さんの話ではすぐに実がつくと聞いていたのですが、今年四年ぶりに実がつきました。

本来、我家の敷地内にある木を、お隣が「バッサリ切って」と依頼するのはおかしな話。
まだお隣と良いおつきあいの認識があったので、来年には実がつくものと思って問題にしませんでした。

ところがその後、斜面の共用通路を、我家管轄地を含めお隣の管轄地まで草刈りをしていたら、
「何故するのですか」と一喝されました。
「共用通路なのでしている」と答えると「止めてください」と言われてしまいました。
好意的・自発的にしていた雑草・蔓草取りでしたが、不快な気分を味わいました。

しかしその後はこのような経緯から共用通路の草刈りは、お隣の管轄地まではしなくなりました。
40数年のおつきあいがあるお隣、いまではギクシャクしています。
ご近所付き合いは難しいですね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。